ウォーターマークを追加する方法

今日のデジタル世界では、ウェブ上の写真や文書を盗むことがますます簡単になっています。窃盗犯が許可なく自分のサイトで素材を投稿したり販売したりできないようにするには、ウォーターマーク(透かし)が便利です。もちろん、写真を著作権で保護して裁判所で使用できる法的証拠の付加が最善の方法ですが、ウォーターマークを作品に追加することも賢明な方法です。 ほとんどの場合、ウォーターマークはメイン画像に配置され、下部コーナーに写真会社または著作権所有者を表示します。次にPhotoshopを使用して画像にウォーターマークを付加する方法と、一般的なウォーターマークのヒントをいくつか紹介します。

PhotoshopのActionsを使用してウォーターマークを付加する

  1. Photoshopを開き、ウォーターマークとして使用する画像を作成します。これは、黒/白のテキストのように単純な画像でも、詳細な会社ロゴを使用することもできます。次に、ウォーターマークを付加する画像を開きます。 

  2. 複数の画像にウォーターマークを追加する簡単な方法の1つは、Actionsです。この機能を有効にするには、[Window]メニューの[Actions]を選択します。このアクションに名前を付けるように促されます。「Watermark」を選択してください。これで、Photoshopで実行するすべてのアクションが記録されます。 

  3. 次に、メインメニューの[File]から[Place]を選択します。ロゴの選択、適切な比率でのサイズの変更、不透明度の調整などができます。または、テキストウォーターマークを配置するのみの場合は、テキストボックスレイヤーを作成して、必要なテキストを入力することもできます。このアクションも記録されるため、後で繰り返すことができます。 

  4. ウォーターマークの編集完了後、メインメニューの[File]から[Save As]を選択して、編集した画像を保存します。この方法は、元の画像を残して、新しいファイルとして保存することができます。 

  5. 最後に、ウォーターマークを複数の写真に同時に追加することもできます(「バッチ追加」と呼ばれます)。メインメニューの[File]から[Automate]を選択し、[Batch]を選択します。これで、利用可能なアクションのリストが表示され、前のプロジェクトから[Watermark]を選択することができます。 

必要な画像がすべて同じフォルダにあることを確認して、ウォーターマークを付加する写真をプログラムが認識できるようにします。このフォルダを選択し、ウォーターマークを付加した画像の[Destination]を選択します。[Override]ボックスを有効にして、[OK]を押します。

ウォーターマークのヒント

  • ウォーターマークは写真の妨げにならないように、不透明度を低くしテキストを下部コーナーの1つに配置します。ウォーターマークは完成した絵や彫刻の署名と考えてください。作者を明示する必要がありますが、あまりにも多くの物的財産を占めてはいけません。 

  • または、すべての関連情報を記載した黒い帯を下部に追加すると、写真とウォーターマークを分離することもできます。これは、写真家やデザイン会社を宣伝するためのより洗練された方法です。この操作だけでも十分に画像をブランド化して、作品の盗難を防止することができます。

  • 必要に応じて、名前の代わりに画像にURLを置くことができます。これは著作権侵害を防ぐよりも宣伝効果があります。ファンの構築が必要な場合、人々をメインのポートフォリオに誘導する強力な方法になります。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?