アニメーション対ビデオ

アイデアを表現するビジュアルメディアの決定にあたっては、アニメーション、ライブアクションビデオ、他のスタイルのオプションを使用するメリットがあるのは明らかです。最初に、それはリソース — 予算、装置、人員、時間 — を評価してより効果的なアプローチを確認するのに役立ちます。アニメーションとビデオのいずれが優れているかといった質問に対する「正しい」回答はありませんが、チームならではのメリットを活用すれば、最終作品はビジュアルスタイルを予め頑なに選択するよりもはるかに優れたものになります。以下では、アニメーションやライブアクションがプロジェクトに最適であるかどうかを明らかにするヒントをいくつか概説しています。


ビデオ制作に完全なクリップが必要ですか?
Shutterstockには数百万ものクリップがあります。コレクションから探してください


コストの分析
装置をレンタルし、ボランティアで俳優を起用してもビデオプロジェクトはお金がかかります。ライブアクションプロジェクトをプロ並みのレベルで実施すると、アニメーションよりもはるかにお金がかかります。完成に至るにはタレント、カメラ、ライト、フィルム(またはメモリースティック)、編集ソフトウェア、その他の経費を支払う必要があります。一方、クオリティの高いストップモーションアニメーションでは、カメラ、三脚、コンピュータ、多くのフリータイムのみが必要です。粘土、切り絵、身の回りにあるその他の材料で作成することができます。 

時間の制約内で作業する
これは次の疑問を投げかけます: このプロジェクトを完了するまで時間はどれほどかかりますか?締め切り日が厳しい状況では、アニメーションは十中八九賢明な選択ではありません。必然的に、アニメーションのフレームをキャプチャーしている際に問題が発生すると特定のシーンをやり直す必要があります。わずか1分間のアニメーションビデオでも、完了するまで数日かかります、それは極めて時間がかかるプロセスです。逆に、ライブアクションのやり直しは厄介な悩みの種ではなく、プロジェクト全体を完了するまでの時間がより短いです。 

視聴者および素材を熟考する
最後に、それは視聴者を定義づけ、アニメーションがストーリを伝える最適なメディアであるかどうかについて良く知った上で選択するのに役立ちます。子供や大人はアニメーションがとても好きであることから、あらゆる年齢層をカラフルないくつかのキャラクターで魅了することが可能です。ただし、すべての素材がアニメーションスタイルに相応しいわけでありません。例えば、複雑な人間の表情を表現するには、微妙なシーンのアニメ化に苦労するよりも、優秀な俳優を見つける方が十中八九より簡単に実現できます。 

まとめると、大胆に表現しようとする、あるいは日常の瑣末なことをよりエキサイティングに感じられるようにするには、アニメーションは通常より良いオプションになります。一方、ライブアクションでは人間の表情や感情の複雑さを表現することができます。アニメーションとビデオのいずれかを選ぶ際には、予算、時間の制約、およびストーリーテリングに合致するメディアを利用してください。 

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?