アウトオブホーム広告とは何ですか?

Shutterstockの何百万ものロイヤルティフリー画像から、プロジェクトにピッタリなコンテンツを、 簡単に見つけることができます。

アウトオブホーム広告とは何ですか?

それは公共エリアで見られる広告です。家を出て仕事に向かうときや友達との夕食に出かけるときなど、その途上で見ることになる広告のことを指します。広告板の広告かもしれませんし、バスの中で見る広告かもしれません。あるいはそのあたりに貼られているポスターということもあります。 

総接触人数(Gross Impression)とは何ですか?

アウトオブホーム広告の世界では、プロジェクトがどれほど人々に見られるかを測る指標として総接触人数(Gross Impression)が使われています。接触回数は、それを見た人の人数と同じではありません。ある人が、仕事に向かう途中で道ばたにある広告板を見るのであれば、毎日その人が行き来する度に、接触回数は増えていくことになります。

Shutterstockのどのライセンスがアウトオブホーム広告をカバーしていますか?

Shutterstockのどのライセンスを活用すべきかは、接触回数で決まります。50万回未満のビューカウント(つまり接触回数)の広告であれば、標準ライセンスで広告のためにコンテンツを使用できます。50万回以上のビューカウントを見込んでいるのであれば、特別ライセンスをお勧めします。ご自身のプロジェクトがどれほどの接触回数を期待できるのかよくわからない場合は、広告スペースを提供している業者にお尋ねください。通常それらの業者はプロジェクトがどれほど人目を引くものとなるかを理解しています。

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?