どのサイズのストック写真を購入すべきでしょうか?

どのサイズのストック写真を購入すべきでしょうか?今日のオンラインサービスでは、プロジェクトのニーズに応じてさまざまなサイズを選択できます。したがって、大きすぎる画像をダウンロードしてサイズを変更する必要はありません。代わりに、プロジェクトの目的(ブログ、パンフレット、ビジネスプレゼンテーションなど)に応じて解像度を選択し、加工をせずに使用します。次に、3つの典型的な画像解像度を紹介し、それぞれのサイズの一般的な使用目的、ストック写真の消費者のためのスマートな手法についても説明します。 


プロジェクトで画像が必要ですか?Shutterstockの7,000万枚以上の印象的なコレクションが役に立ちます。ライブラリのコレクションをご覧ください


低解像度の画像

通常、このような小さなファイルのサイズは、DPI(dots per inch)値に応じて150KBから300KBの範囲です。4分の1ページ(またはそれより小さいページ)のウェブサイトのレイアウト、電子メールの添付ファイル、小さな印刷メディアに使用することをお勧めします。しかし、もっと大きなパンフレットやカスタム便箋などの作成では、最終製品は300dpiの高解像度画像を使用すると最終製品の見栄えが良くなります。これらの低解像度のほとんどの画像は、デジタルプレゼンテーションでも使用できます。 

中解像度の画像

次に、このような中間サイズのストック画像は、大きなウェブサイト広告や多くの印刷アプリケーションに適しています。300KBから1MBの範囲で、文書、便箋、名刺などに使用できます。これらのファイルはすべて300dpiのサイズです。   

大きな超解像度画像

最後に、大きな画像は巨大なポスター、フルスクリーンのWeb広告、芸術品の印刷物、雑誌など、ほぼすべてのプロジェクトで使用できます。 Shutterstockでは、3MBから30MBのサイズを使用できます。数MB以上の「スーパー」サイズのオプションをアップロードするストック写真家もいます。いずれの場合も、高解像度画像はほとんどの印刷用途の処理には大き過ぎるピクセル数になります。  

  • この記事は役に立ちましたか?

お探しのものが見つかりませんか?